FXスキャルピングの基本・テクニカル分析とチャート分析

熱帯魚入門.com 初心者完全サポートブログ > > FXスキャルピングの基本・テクニカル分析とチャート分析

FXスキャルピングの基本・テクニカル分析とチャート分析

2019年1月25日(金曜日) テーマ:

FXにおいて、海外通貨を日本円で買いますと、金利差によるスワップポイントを手にすることができますが、高金利の通貨で低い通貨を買いますと、当然ながらスワップポイントを徴収されることになります。
FX取引をする中で出てくるスワップと呼ばれるものは、外貨預金でも貰える「金利」だと思っていいでしょう。とは言いましても全く違う部分があり、スワップという「金利」については「貰うだけでなく徴収されることだってある」のです。
日本より海外の銀行の金利が高いということから、スワップ金利がもらえるわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXをする際に手にするスワップ金利になります。
スイングトレードのウリは、「年がら年中パソコンの売買画面の前に座ったままで、為替レートを確かめる必要がない」というところであり、自由になる時間が少ない人に適しているトレード手法だと言えると思います。
スイングトレードをすることにすれば、短くても数日から数週間、長い場合などは数ヶ月といった売買になる為、日々のニュースなどを判断基準に、数ヶ月単位の世界経済の状況を予測し投資することができるわけです。

システムトレードでは、自動売買プログラム(EA)の設定に従ってテクニカルポイントに達した時に、システムが強制的に売買します。しかし、自動売買プログラムについては利用者が選ぶことになります。
「仕事の関係で連日チャートを覗くなんていうことはほとんど不可能だ」、「為替に影響を及ぼす経済指標などを直ぐに見れない」と思われている方でも、スイングトレードを行なうことにすればそんな心配は要りません。
チャートをチェックする際に不可欠だと言えるのが、テクニカル分析なのです。ご覧のサイトでは、いろいろあるテクニカル分析の仕方を1つずつステップバイステップで説明しております。
スプレッドにつきましては、通常の金融商品と照合すると、ビックリするくらい安いです。正直に申し上げて、株式投資の場合だと100万円以上の「売り・買い」をすれば、1000円前後は売買手数料を搾取されます。
FX口座開設が済んだら、現実的にFX売買をすることがなくてもチャートなどは利用できますから、「取り敢えずFXの周辺知識を得たい」などとおっしゃる方も、開設すべきです。

申し込みについては、FX業者のオフィシャルサイトのFX口座開設ページを利用すれば、15~20分ほどでできると思います。申し込みフォームへの入力完了後、必要書類をメールとかFAXなどを使用して送付し審査をしてもらいます。
スイングトレードをやる場合の忠告として、トレード画面を起動していない時などに、一瞬のうちにビックリするような変動などがあった場合に対処できるように、スタート前に手を打っておきませんと、後悔してもし切れないことになるやもしれません。
MT4をおすすめする理由の1つが、チャート画面より直ぐに注文できることです。チャートをチェックしながら、そのチャート部分で右クリックするというだけで、注文画面が開く仕様になっています。
今日では、いずれのFX会社も売買手数料は0円となっていますが、それに代わるものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドこそが現実的なFX会社の利益になるわけです。
スキャルピングと言われるのは、一度のトレードで数銭から数十銭ほどの非常に小さな利幅を得ることを目的に、連日繰り返し取引をして利益をストックし続ける、「超短期」の取り引き手法です。

FXスキャルピングは海外がおすすめ



関連記事

興味がある伊勢神宮を着物で参拝とは

興味がある伊勢神宮を着物で参拝とは

2019年1月28日(月曜日)

FXスキャルピングの基本・テクニカル分析とチャート分析

FXスキャルピングの基本・テクニカル分析とチャート分析

2019年1月25日(金曜日)

もっと普段の対策が必要ですね。

もっと普段の対策が必要ですね。

2019年1月18日(金曜日)

きれいになるためにも健康のためにも

きれいになるためにも健康のためにも

2019年1月15日(火曜日)

テスト

テスト

2014年5月23日(金曜日)